OBAKE HUNTER GIRLISH #1  『壺中煉獄』 - The Infernal Biotope -

​二、物見

 「翼船(はね)」を使えば、どこであろうと一瞬でたどり着ける。
しかし、永の判断でわたしたちは山のふもとで降りることになった。
「永、目的地は山頂では?」
わたしの問いに永は、いいじゃん、とだけ答えると、躊躇いもなく山の奥へと分け入っていく。
わたしは大丈夫でも、永にはこの山登は少し厳しいかもしれない。
なにしろ、ここは日本有数の山岳地帯で、 永は、普通の人間。
齢十一の女の子なのだ。
「そろそろ疲れたな。楽運、おんぶしろ」
言わんこっちゃない。
一時間そこいらで根を上げるなんて、よくもまあ今まで死なずにやってこれたものだ。
「いつも言っていますが、少しは鍛えたらどうです?」
「鍛えても意味なんてないんだってば。鍛えてぇんなら、お前がどうぞ!」
そう言うと、永が正面から飛びかかってくる。それでわたしは思わず受け止めてしまう。
「永、これではおんぶではなく抱っこです」
わたしの反応がおかしかったのか、永はからからと笑う。
 
 わたしは永を背に負い直し、山を歩く。 永ひとりと、その倍はあろうかという大太刀の目方がわたしにかかる。
それでもなお、人ならぬわが身は疲れを感じない。 「お弁当、もってくればよかったな」
永が、わたしの背中でつぶやく。
オバケに対する究極の切り札である少女が、つぶやく。
  • pixiv
  • Twitter Clean