OBAKE HUNTER GIRLISH #1  『壺中煉獄』 - The Infernal Biotope -

三、面楚歌

 夕刻まで遊山を楽しんだ私たちの周りに、異様な聲(こえ)がこだました。
「聴こえたか、楽運」
わたしはその問いに、得物を構えることで答えた。
両手に、緋と蒼の妖刀。
聲は多い。十や二十ではきかないだろう
「日が暮れた途端、きやがった。連中、相当に飢えていると見えるぜ」
永はそうつぶやくと、右目に『馬の目』を装着した。
人間である永は、夜は尋常に目が利かない。
『馬の目』は、千里眼の権能をもたらす片眼鏡。
アルハ一門に伝わる「玉装(ぎょくそう)」のひとつだ。
 
「さあ、仕事だ。気を抜くなよ」
永も既に得物を構えている。 実に二十六束もある、鉄塊のごとき長刀。神器を模造し、そして超越した破格の銘刀だ。
「ええ、先日のような不首尾はしません」
 周囲のオバケは、もはや視認できるほどに近くに迫っていた。
 
 「駆けろ! 楽運!」
 
 永の、わたしの、遊戯の時間が始まった。 わたしはわたしに言い聞かせる。 そう。 しくじってはいけない。 先日はつい夢中になり、斃(たお)した数をかぞえ忘れてしまった。 オバケ殺しの競争は、昔から私と永の愉しみのひとつなのだ。
  • pixiv
  • Twitter Clean